お得に購入

中国からカー用品部品を見積もりする

カー用品の会社に勤務していたことがあったのです。売り上げは、当時100億円ほどあった会社です。1年くらい勤務し、カー用品調達材料を日本一安く買うことを目指しがんばったのです。当時部品を安く買いカー用品の製品価格を下げるためには、中国調達という方法があったのですが必ずしも中国価格が安くは、なかったのです。そこで中国と日本業者に合い見積もりをを取って発注業者を決めカー用品製品の価格低減を図ったのです。基本国内調達を目指す方向で購入を図ったので国内業者の新規業者を探すことにしたのです。新規業者は、3社くらい採用して価格低減をある程度達成したのです。ここの会社は、中国に拠点を持っていたので合い見積もりはたやすくできたのです。

購入価格の決め方はこのようにした

なんのカー用品というかというと具体的には、ひとつには、射出成形品の購入です。零細な会社で作ることが結構日本で作っても安く買えることが分かってきたのです。小さな会社は、30人以上の会社に比べて安価に製造できるのです。とは言え小さな会社は、後継者がいないようです。近い将来会社を廃業に追い込まれるのです。成形業者は、仕入先によって見積もり単価が違うのです。仕入先が最初安価にしか購入できないと宣言することにより安く買い続けるのです。日本一安く購入したいと言い続けるて購入したのです。見積もりの明細は、射出成形品は、マシンレートがいくらだとか成形時間がいくらだとか材料費がいくらだ、管理費利益がどうだとか関係なくいくらで売ってくれますか、中国を含め沢山の業者で合い見積もりしていますからこちらかの指値で売っていただけますかと仕事を進めるのです。これが安く買える方法だったのです。